BMI測定

見た目だけで太っている、痩せているといっても本当のところどうなのか、実際の数値を測ってみないと分かりませんよね。
肥満度の判定にはBMI(Body Mass Index)を用います。

BMIの計算式は、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で表します。日本ではこの指数の「22」を標準値としており、18.5以上25未満を「普通体重」としています。この「22」という数値は統計上、肥満との関連が強い糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)に最もかかりにくい数値となっています。※下記計算式では分かりやすくcm表示としています。
健康を維持するには、肥満を予防していくことが重要な役割を担っているんですね。

さて、同じBMIの数値であっても体内のどこに脂肪がついているかで健康への危険性が大きく異なります。
肥満のタイプは「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」に分けられます。「内蔵脂肪型肥満」は別名リンゴ型肥満、「皮下脂肪型肥満」は別名洋ナシ型肥満ともいわれています。
筋肉の内側の腹腔内に脂肪が多く蓄積する「内臓脂肪型肥満」の方は、糖尿病、高血圧、脂質代謝異常(高脂血症)などを発症する確率が高くなります。下半身を中心に腰まわりや太ももなどに皮下脂肪が多く溜まっている「皮下脂肪型肥満」の方には、こうした症状はあまりみられません。
統計的にも「内臓脂肪型肥満」の方が生活習慣病を発症するリスクが高いことがわかっています。「メタボリックシンドローム」とは「内臓脂肪型肥満」の方が高血糖・高血圧・脂質代謝異常のうち2つ以上を併発している状態を指します。
食生活を見直すことはもちろんですが、継続的に適度な運動を取り入れることで肥満を予防できると考えています。

かんたんBMI測定

①体重と身長を入れて測定開始ボタンをクリック。
​②BMI値が判定表のどの位置にあるかご確認ください。

お問い合わせはこちら

PR & MANAGEMENT

株式会社SDM(スターダストマーケティング)
https://www.s-d-m.jp/talents/homitakasugi/
​担当:北村(090-5219-5272)
​※メディア関係のお仕事はこちらにお問い合わせください

FOR BUSINESS INQUIRIES

info@homi-takasugi.com
​※​個人でのお仕事(講演等)はこちらにお問い合わせください

プライバシーポリシー
利用規約 返金保証規約

©homitakasugi 

  • homi1112
  • homi.foodcoaching
  • homi_takasugi
img_logo_ameba.png
139537_500x354_edited.jpg